*大きい画像をダブルクリックすると、左右にスライドして次の画像をご覧頂けます。

 

インタレスト / Dawn (サイズ1:22.0~22.5cm相当)

¥39,600
フィッティングガイド

<Dawnオーダーの仕組み>

  • 革やソールなどのパーツの在庫は随時変動いたしますので、通信販売によるオーダーをご希望の方はお気軽にお電話・お問い合わせフォームよりお知らせ下さいませ
  • オンラインストアに掲載した6足は、私たちインタレストによるデザインです。お客様におかれましては、お一人おひとりご自由に、お好きなデザインでオーダー頂けます。
  • (具体的には。革の種類や色、ひもの色、カップソールの色、ハトメの有無も、それぞれ在庫のある素材から自由に選んでオーダー頂けます。さらにアッパーは、つま先・両サイドの「はね」・かかとのタブ・かかとのテープと4箇所を別々に選んで頂くことが可能です。)
  • Dawn本体の価格は、サイズを問わず39,600円(税込み)です。一部価格が異なるのは、有料オプションのレザーをつかっている場合、靴ひもを別色でもう1セットオーダーしている場合です。こうした素材にかかわるオプション料金以外で発生する追加料金はございません。
  • 納期は、オーダー頂いてから3ヶ月程度を予定しております。(オーダー頂いてから、ゼロから制作いたします。)

 

 

<サイズについて>

サイズは「1」~「7」までのユニセックスの7サイズ展開で、それぞれ1cm刻みで「1」=22.0~22.5cm相当~「7」=28.0~28.5cm相当です。

サイズ: 「1」=22.0~22.5cm相当 >
サイズ: 「2」=23.0~23.5cm相当 >
サイズ: 「3」=24.0~24.5cm相当 >
サイズ: 「4」=25.0~25.5cm相当 >
サイズ: 「5」=26.0~26.5cm相当 >
サイズ: 「6」=27.0~27.5cm相当 >
サイズ: 「7」=28.0~28.5cm相当 >


サイズ感については今後も情報を集めてまいりますが、私・店長DとスタッフYが履いた限りは、他の靴で履いている「いつも通りのサイズ」でほぼ大丈夫そうです。

(たとえば店長Dは、いつも27.0~27.5cmくらいを履きますが、Dawnもサイズ「6」(=27.0~27.5cm相当)でした。)

 


<この靴の詳細>

Dawn size[1]

本体価格: 39,600円
オプション料金: 5,500円 (Kuduレザー)
合計価格(税込み): 45,100円

サイズ: 「1」=22.0~22.5cm相当
アッパーの革すべて: Kudu ライトブラウン・裏(スエード)
ソール: ブラック
ひも: キャメル
ハトメ: なし 

ショップオリジナルモデルということで、絶対にご用意したかった最小サイズ「1」(=22.0~22.5cm相当)です。インタレストのお客様では、このサイズの方がとても多いので、実物をお履き頂けてとても嬉しいです。

革は、インタレストでは2020年頃から不動の一番人気を誇った、やわらかく柔軟性も高いKuduレザーです。ベロアのような輝きがあるスエードで、個人的にスエードでこのKudu以上に美しい革は見たことがないです。表革と比べて撥水性が高く、雨の日も安心して履いて頂けます。

このKuduレザー、在庫がいよいよ残り僅かになっていて、このライトブラウンも残り数足分しかないとのことでした。問屋さん自体が入荷できていないらしく、今後の追加入荷は難しいそうです。ものすごくオススメの革なので、ぜひこのラストチャンスをお見逃しなく・・・!

 

★ご参考:Kuduレザーとは? >こちらのリンク先にて (色の在庫は現在と異なります)

 

 


<Dawnとは?>

私たちスタッフが発想した大きなコンセプトを靴作家・森田圭一さんに伝えたのが、およそ1年ほど前のことです。「日常づかいできるスニーカーであること」「ミニマルで透明感のあるデザインであること」、そして何より「インタレストのお客様が喜んで下さる靴であること」の3点が、その主なポイントです。

森田さんは、その抽象的な私たちの想いをもとに、また「"いま"のインタレストに通われるお客様が履くとしたらこういう靴だろうなと想像しながら」(森田さん)、まったくのゼロからデザインをし、「キャリア通しても初めて」というカップソール仕様でデイリーユースのスニーカーをつくりあげてくれました。

森田さんはデザインコンセプトをいろいろ話してくれましたが、私たちが最もシンパシーを感じたのは、「アッパーに入るステッチを最小限にした」という点で、このアイデアによって実に洗練された、まさに透き通るようなオトナらしさが実現されていると思います。

森田さんの手仕事によるスニーカーで、しかもアッパーの革や各パーツのカスタマイズ可能というココチブランドと同じ仕様で、税込み3万円台になるよう調整してくれたことも含めて、森田さんの仕事には改めて強いリスペクトを覚えますし、また深く感謝をしています。

インタレストも創業11年を迎え、世界や社会はもちろん、私たちもお客様皆様も日々変化しています。そのなかでも、毎日必ず訪れる夜明けの静かな美しさはとても頼もしく、ある種の救いともいえるかもしれません。そんな風に、皆様の日常にそっと、だけど心強く寄り添ってくれる靴になってくれたら嬉しいです。

今後もブログやInstagram、ご連絡先を頂いているお客様にはメールでもご案内する予定です。

 

  

★Dawnに関する記事はこちら >


 


【 kokochi sun3 / kokochi sqir (ココチサンサンサン/ココチスクイル):レディース・メンズ 】
靴作家・デザイナー:森田圭一

靴作家&靴デザイナー・森田圭一さんが1足1足ゼロから制作する、ハンドメイド革靴のブランドです。
お好みのモデルを、お好みの革&色で、足型を取って木型と合わせるジャストサイズでオーダー頂けます。
森田さんは常に「履く人の側」に立って物事を考える、クリエイターとしては希有な人柄です。
そんな森田さんにしか生み出せない、私たちの心をくすぐるユニークなデザインと、彼によるハンドメイドだからこその「一人ひとりにとっての履き心地の良さ」を、一生涯味わって頂けます。