Robes&Confections / スコットランドチェビオットウール・ダブルロングコート(ブラック、サイズ1)

¥90,200
フィッティングガイド
素材:ウール100%、(裏地)キュプラ55%・コットン45%、(袖裏)キュプラ100% 

サイズ:1 
・着丈121cm、身幅46cm、肩幅37cm、袖丈59cm



スコティッシュチェビオットウールシリーズ

JohnHallidayモヘヤトロピカルのような生地をつくりたいとずっと考えていた」というデザイナーの土屋さんが、スコットランド産の高級チェビオットウールを国内で紡績し織り上げた、ブランドオリジナルのプレミアムテキスタイルのシリーズです。

まさにJohnHallidayモヘヤトロピカルのような爽やかなシャリ感と上質な光沢を備え、しかし秋冬シーズンでも温かく着られるしっかりとした生地感(&総裏仕様)で、これは確かに一般的なスーツ売り場では見かけることのない、圧倒的にユニークな質感です。

「本当に評価されるべき生地は『軽くてやわらかい』ではなく、こういう生地だと思うんです」(土屋さん)。JohnHallidayモヘヤトロピカルはインタレストでも屈指の人気シリーズです。それがお好きなお客様にとっては、この生地はしかもブランドオリジナルということで、本当に見逃せないと思います。

インタレストでは着やすさと合わせやすさ、そしてトレンドに左右されない普遍性を重視して、新型テーラードロングコートと、大定番のシングルテーラードジャケット(=品番「J01」)&テーパードパンツ(=品番「P01」)、そして新型ワイドストレートパンツの4型を、すべてブラック1色で入荷しています。


1, オススメポイント

土屋さんが「この生地でこの形をつくれたから20AWは満足」と言い切る新型コートが、こちらのロングコートです。「『(トレンドの)横に大きい』ではなく『縦に長い』はどうですか?と、テーラード畑から問うたつもりです」(土屋さん)。

そう言われてみると最近はまず見かけない、ものすごくスタイリッシュでシャープな「縦長」ロングコートで、確かに新鮮です。やや俗っぽい表現ですが、まさに「逆に新しい」という感覚を覚えます。

その長い着丈は、美しい光沢を携えるスコティッシュチェビオットウール地との相性という意味でも抜群です。縦にスーッと光が通るような光沢は、まさに上品さと高級感の極みです。

着たときのシルエットも物撮りの通りで、特に「見た目」ではかなりシャープで細身に見えます。ここ5年ほど流行しているワイドシルエットと一線を画すわけですが、当然心配される着心地の面で窮屈すぎないというのが、テーラードブランドたるRobes&Confectionsの真骨頂だと思います。

「逆に新しい」という感覚、ぜひお客様にも知って頂きたいです。加えて「コート」と「ジャケット」の中間のような立ち位置も独特で、総じてスタッフ間では「おお〜!」と声が上がるほどの驚きでした。


2, サイズ感と着心地

身長160cmのスタッフYが着て、身幅は定番のシングルテーラードジャケット(J01)を着ているとほぼ同じ着た感で、それはすなわちおおよそレディースMサイズ相当のサイズ感です。

ただその見た目では、とてもそうとは思えないくらいシャープで細身です。また前ボタンを開けたときがまたカッコ良くて、しっかりとした生地の落ち感もあって、上半身から下半身にかけて若干フレア気味に見えるシルエットの美しさが際立ちます。

同じくスタッフYが着て、着丈は「膝下」のロング丈です。上記のように「横に広がる感じ」が一切ないため、着たときの身体のラインを本当に美しく仕上げてくれます。



【 Robes&Confections (ローブスアンドコンフェクションズ) とは】
デザイナー:土屋郷
大黒柱である確かなテーラリング技術に、時代時代の「ファッション」のエッセンスを巧みにブレンド。常に「いま」を感じさせるカジュアルテーラードのスタイルを主軸にしています。
メンバーの大半がパタンナーというプロフェッショナルたちが長年のキャリアを積み重ねて、いまではワンピース・スカートなどのレディースウェアからメンズラインまで総合的に、素材とパターニング&カッティングにとことんこだわったコレクションをリリースしています。