LOWRUNDER / [別注]ハチドリ刺繍のデニム半袖シャツ

¥25,300
フィッティングガイド

素材:コットン100%

サイズ:フリー
・着丈62cm、身幅55cm、ゆき丈42cm



1, オススメポイント

(以下、ブランド資料より引用)------

 

ハチドリの群れが飛びたつ様子をイメージし太番手の綿糸2色でゆっくりと刺繍を施した薄手のデニム半袖シャツ。

 

(引用ここまで) ------

 

LOWRUNDERの22SSコレクション、オリジナル刺繍生地の新作が出色のできばえです。

やわらかくて軽い、かつ丈夫なベース生地に、同色系の2色の糸でふんわりとした刺繍がほどこされて、シンプルでありながら立体感があります。派手さはまったくなく、とても着やすい刺繍生地だと思います。

刺繍は、デザイナーが描いたハチドリの柄を、国内の刺繍工場で刺繍しています。(木の葉のボタニカル柄に見えるのはギミックで、実は鳥が隠れています。楽しいですね。) コットンの太い糸を2本どりで刺繍するため、工場では苦労したそうです。

その刺繍生地をつかったアイテムでも、価格はいつも通り控えめにつくってくれていて嬉しいです。普通に水洗いできますし、オトナな普段着として大活躍間違いなしだと思います。


こちらのライトデニムは、さらりとしてやわらかいです。いわゆる「デニム」の生地感とはまったくの別物です。フランネル(→いわゆる「ネルシャツ」)のような、とても気持ちの良い質感です。透け感はなく、春夏秋と季節的にも長く着て頂けます。

刺繍糸は明るいイエロー×オフホワイトで、青空にハチドリが舞うようで、清涼感があります。 

このシャツ、肩の無地部分との切り替えはありません。生地に刺繍を施すときに、端の数十cmを無地にして、その幅いっぱいを縦に使用することで、切り替えのないシャツが完成しています。まるでグラデーションのような、見事な仕上がりです。

形は数年前にLOWRUNDERがリリースした「コットンタイプライタークロス半袖シャツ」の形で、別注バージョンとして制作してもらいました。

袖部分は、ボタンで絞って着ることもできます。

 



2, サイズ感と着心地

スタイリング画像は、身長160cmのスタッフYが着ています。

見た目の印象よりずっとやわらかい生地で、ゆったりとして軽く、ストレスが一切なく、さらりとして着心地がとても良いです。 

生地も丈夫で汚れなども目立たないので、安心して長年にわたって着て頂けます。夏服としての機能面でも、素晴らしいアイテムだと思います。

 

 

 

【 LOWRUNDER(ローランダー) とは 】

ヴィンテージウェア&テキスタイルが持つ「渋さ」や「カッコ良さ」と、ブランドのエッセンスである「甘さ」や「ポップさ」とが、 絶妙なバランスでミックスされて、楽しくもミステリアスな、まったく新しい洋服が生み出されます。

ヴィンテージウェアの優れたパターンや機能性をベースに、基本的にはいまでも1点1点、デザイナー自身が制作しています。

それらだからこその、他のブランドでは感じることのできない独特な、そして圧倒的な着心地の良さを体感頂けます。