22AW SALE >> 22AW SALE >>

*大きい画像をダブルクリックすると、左右にスライドして次の画像をご覧頂けます。

 

LOKITHO / 花刺繍・レイヤー半袖ブラウス(ブルー)

¥42,900
フィッティングガイド

ブランド表記:Motif Embroidery Top

素材:(刺繍生地)コットン50%・ポリエステル50%、(刺繍糸)レーヨン100%、(別布)アセテート80%・ポリエステル20%、(インナー)ポリエステル100%

サイズ: 2
・着丈49cm、身幅48cm、ゆき丈45cm




1, オススメポイント
 

ブランドの「顔」である花刺繍シリーズの新作です。尋常ではないクラフトワークによって生まれた生地はその「見え方」もきわめてユニークで、またいつもより”洋服感”が強く着やすいです。コレクション全体を一貫するやわらかな色づかいを象徴しているシリーズでもあると感じています。

 

生地は、布帛地とチュール地を重ねて花刺繍が入っている構造になっています。

この生地、その2枚重ねという構造上、まるでキルト生地のような凹凸が生まれて、光のあたり加減も相まって、これまで見たことのないとてもユニークな質感になっています。

また、見た目が総布帛地で透け感が一切ないため、いずれの形もとても普段づかいしやすいと思います。

 

いつもはかなりビビッドな色がつかわれる刺繍糸も、全色とても落ち着いた色づかいになっています。レッドは朱色に近いあたたかい色味、ブルーもややかすんだやわらかい色味になっています。

 

透け感はないのですが、肩ひもの長さが調整できるインナーがつきます。 

 

 


2, サイズ感と着心地

着用画像は、身長160cmのスタッフYが着ています。

着丈が短めで、とてもスタイリッシュに見えます。ラグラン袖で着心地も抜群です。

スタイリング画像の通り、長袖やハイネックのインナーを合わせて、季節的にも長く着られます。後ろ身頃に深くファスナーが入り、脱ぎ着もしやすいです。





【 LOKITHO (ロキト) とは】

デザイナー:木村晶彦


先端的な”made in Japan”の素材・加工を駆使して、ストイックで洗練された洋服たちを生み出します。
パターニングや縫製など「つくり」も誠実かつ丁寧で、隙がありません。
一方、多様な技術を駆使して毎季リリースされるオリジナルの柄生地は一貫してどこか懐かしい印象で、あるいは彼らの洋服を着たときの美しいシルエットは奇をてらわず、いずれも「郷愁」を感じさせる意匠です。
エッジの効いたファッション的なエレガンスでありながら、時代を選ばない普遍性も兼ね備えます。