*大きい画像をダブルクリックすると、左右にスライドして次の画像をご覧頂けます。

 

LOKITHO / コットンボーラー刺繍・ドレス(アイボリー)

¥69,300
フィッティングガイド

ブランド表記: Cotton Lace Dress

素材: (表地)コットン100%、(別布)アセテート80%・ポリエステル20%、(裏地)キュプラ100% 

サイズ: 2
・着丈(肩の一番上~裾)136cm、身幅48cm、ウエスト(最大)98cm、肩幅33cm、袖丈(レース含む)37cm



1, オススメポイント

LOKITHOの「ボーラー刺繍シリーズ」の総刺繍のドレスです。

美しいクラシカルなドレスシルエットはもとより、ブランドオリジナルの精緻なボーラ刺繍(≒穴あき刺繍)によるテキスタイルと、レース生地・フリンジなどとの切り替えが実に見事で、LOKITHOの作り込みの深さを実感できるドレスです。このアイボリーの独特な色味にも強く惹かれます。

もう1点、大看板である花刺繍シリーズなどと比べてカジュアルな雰囲気もあり、普段づかいしやすいという点もポイントが高いです。単色ながらとても華があり、華がありながら派手ではないという、とってもオトナなセミカジュアルドレスであるといえると思います。

サンプルはかなり着丈が長めにつくられていましたが、「商品」はこの通り、スタッフY(身長160cm)が丈詰めをすることなく着ることができる丈で入荷しています。身長160cm未満の場合は丈詰めが必要である場合もありますが、容易にお直しできる仕様です。(当店でも承ります。)

また、ベルトを締めたり緩めたりすることで、着心地(サイズ感も含め)とシルエットを自由に調整することができ、またアームホールがとても大きいので、LOKITHOではとても珍しい、実質的なフリーサイズのドレスといって良いと思います。そのため、申し上げるまでもなく、着心地もとても良いです。

(2種類のスタイリング画像のうち、ひとつめはウエストを締めて、2つめはウエストを緩めて着ています。着心地というより、見え方がまったく異なってとても楽しいので、ぜひご参考になさって下さいませ。)

このオリジナル生地は、ひし形に縁取られたボーラー刺繍(穴あき刺繍)と、そのひし形に繊細に打ち込まれた花刺繍のコンビによる、凝りに凝った新作花刺繍シリーズです。

このシリーズについては、「よくよく見るとスゴイ加工だ・・・」という「着用者や見る人がイメージが膨らませるようなデザイン」の生地たちだと、つくづく思います。



2, サイズ感と着心地

着用画像は、身長160cmのスタッフYが着ています。



【 LOKITHO (ロキト) とは】
デザイナー:木村晶彦
先端的な”made in Japan”の素材・加工を駆使して、ストイックで洗練された洋服たちを生み出します。
パターニングや縫製など「つくり」も誠実かつ丁寧で、隙がありません。
一方、多様な技術を駆使して毎季リリースされるオリジナルの柄生地は一貫してどこか懐かしい印象で、あるいは彼らの洋服を着たときの美しいシルエットは奇をてらわず、いずれも「郷愁」を感じさせる意匠です。
エッジの効いたファッション的なエレガンスでありながら、時代を選ばない普遍性も兼ね備えます。