*大きい画像をダブルクリックすると、左右にスライドして次の画像をご覧頂けます。

 

LOKITHO / コード刺繍・フェイクレザーブルゾン(ホワイト)

¥67,100
フィッティングガイド

ブランド表記:Cord Embrodery Blouson

素材: (表地)ポリウレタン60%・ポリエステル40%、(別地)アクリル58%・ウール40%・ポリウレタン2%、(裏地)キュプラ100%

サイズ: 1
・着丈72cm、身幅63cm、肩幅55cm、袖丈54cm



1, オススメポイント
 

袖にコード刺繍の入ったブルゾンは、LOKITHOから過去数回にわたってリリースされており、毎回とても人気です。こちらは近年そのクオリティの高まりが著しいフェイクレザー地がつかわれた、ゆったりシルエットでのリリースです。

展示会のときは、いろいろな方がいろいろな着方をされていましたが、誰がどう着てもステキなので驚きました。

LOKITHOのブルゾンは、スーパーショートの着丈でコンパクトに着るか、私・店長Dも着られるようなリラックスフィットで着るかのどちらかのケースがほとんどなのですが、今回は後者です。スタッフYの体型だと、サイズ「1」で十分リラクシングに着られるイメージです。

ところで、最近の高級なフェイクレザー生地は、一昔前の「偽物っぽさ」がなくなって、完全に垢抜けた印象です。「本物のレザーのように見える」ということよりも、「フェイクレザー生地として普通にカッコ良い」という印象で、このブルゾンでつかわれている生地もまさにそういう質感です。

軽くてやわらかく、当然雨風にも強く、シワにもなりにくく汚れも付きにくく、何より真冬と真夏以外の3シーズンフルで着られる、あらゆる面で素晴らしく機能的な生地なので、その点でも優秀だと思います。

色はホワイト・ブラック・グレーの3色展開です。

ホワイトは、真っ白というよりもオフホワイト寄りのカラーなので、とても着やすく合わせやすいです。

袖にあしらわれたコード刺繍も美しく、LOKITHOの"made in Japan"の技術力の高さを象徴しています。

 

 


2, サイズ感と着心地

着用画像は、身長160cmのスタッフYが着ています。




【 LOKITHO (ロキト) とは】

デザイナー:木村晶彦


先端的な”made in Japan”の素材・加工を駆使して、ストイックで洗練された洋服たちを生み出します。
パターニングや縫製など「つくり」も誠実かつ丁寧で、隙がありません。
一方、多様な技術を駆使して毎季リリースされるオリジナルの柄生地は一貫してどこか懐かしい印象で、あるいは彼らの洋服を着たときの美しいシルエットは奇をてらわず、いずれも「郷愁」を感じさせる意匠です。
エッジの効いたファッション的なエレガンスでありながら、時代を選ばない普遍性も兼ね備えます。