*大きい画像をダブルクリックすると、左右にスライドして次の画像をご覧頂けます。

 

Leh / “スザニ”刺繍ブランケット(ネイビー)

¥49,500
フィッティングガイド

ブランド表記:Embroidery Suzani Blanket

素材:毛100%




1, オススメポイント


ウズベキスタンの伝統生地’SUZANI’は、圧倒的な手数と密度の刺繍で、中央アジアと中東が混在したとても興味深い図案から構成されている。

その生地は本来守り続けるべきもので、近年多く流れてしまっている事に商売気を感じ、複雑な思いでいた。そんなこともあり、この美しい布を、忠実に再現してみた。

本抵は木綿あるいはシルク生地に刺繍が施されているが、高級ウール100%に刺繍し、その縁はぐるりと丁寧に手でかがった。

チューリップは生命の象徴、大輪の花は一族の繁栄、ザクロは豊かさや豊作の象徴など、ひとつひとつに家族への想いが詰まっています。

(ブランド資料より)

 

 

こちらは、真上のブランドの説明がすべてだと思います。展示会でも、デザイナーの三上さんが「今回自分がインドに行けたことも大きいですし、『今のうちにつくっておかないと』という気持ちも強かったんです」と話してくれました。

生地感はかなりしっかりです。重さが気にならなければ全身に巻いて着るのもありですし、インテリア用途にもピッタリです。

インド生産で、素材や制作の手間から想像するよりはずっと安い価格設定になっています。

ちなみに、展示会の会場に本物のアンティーク・スザニも飾ってありました。

「こうしてずっとソファーカバーにしていますが、まったく傷まないです。実物がとても丈夫なので、この点は製品化する上でも最も重視しました」(三上さん)

 

 


2, サイズ感と着心地

スタイリング画像は、身長160cmのスタッフYが着ています。

 

 

  

【 Leh (レー) とは】
デザイナー:三上卓也

感性を磨き続けるため、あるいは現地でモノ作りをするため、デザイナーは1年のうち長い日々を海外ですごします。
彼らの洋服は、ときには国産の上質な生地をつかって、国内の優秀な縫製工場で仕立てられ、ときには海外の手紡ぎ手織りのクラフト生地をつかって、海外の職人の手縫いで生み出されます。
それはときにはモードの顔つきで、ときにはヴィンテージの顔つきで、まさにノージャンルかつボーダレス。
一個の労働者・職人として真摯な手仕事に取り組むという一貫した姿勢が、揺らがぬ大黒柱です。