Leh / カディコットン・刺繍スカート(ブラック)

¥35,200
フィッティングガイド

ブランド表記:Embroidery Khadi Skirt

素材:カディーコットン100%、(裏地)コットン100%

サイズ:フリー
・スカート丈84cm、ウエスト(ゴム入り・平置き)70cm~(最大)90cm(=中に通ったひもで絞ることができます。)



1, オススメポイント

(以下、ブランド資料より引用)------

図案にはTシャツのプリントでも登場する、カートヴァネガット、アルベルトアインシュタイン、ジェローム ディヴィッド サリンジャー。この3人の人物を中心に全てインドの高い技術によって刺繍を施した圧巻の力作。

ベースの生地にはインドを代表する手織り手紡ぎのカディーコットンを使用。なんとも肌触りが良く気持ちいい素材。

 

(引用ここまで) ------


これまでに何シーズンか、生地や柄を変えて各色一点ずつ入荷し、いつの間にか完売している人気のLehの刺繍スカート。今季は柄も生地もガラリと変わりました。

様々な手振り刺繍が入った、見た目もつくりもたいへんぜいたくなスカートです。ベースがオールブラックであるのと、足元までの着丈長めのデザインで、実はとても合わせやすい&履きやすいスカートでもあります。

カディーコットンは、インドでつくられる手紡ぎ手織りの生地です。このスカートではシャツなどにつかわれるオクスフォード生地がつかわれて、今まででの刺繍スカートの中で最もふだんづかいしやすい、丈夫で軽めのアイテムに仕上がっています。

デザイナー自身が現地に赴き、その直接の監修のもとでつくられるLehのインド生産のアイテムには、他では感じられない生き生きとした香りや温度があります。かつてきっと日本でもそうであったであろうモノ作りの本質を、ぜひご堪能下さいませ。

ウエストはゴム&ひもの仕様です。ディテールとしてとても小さなパンチング加工&ステッチが、ところどころにライン状に入ります。やわらかいコットン100%の総裏地です。

上記ブランド資料には3人の名前が挙がっていますが、当店ではアルベルトアインシュタインの柄を選択いたしました。デザイン的に一見して「派手」と感じられるかもしれませんが、着て動くと刺繍が出たり隠れたりするので、まったくそんなことはありません。

着方としては「ブラックのロングスカート」のそれで、刺繍はアクセントといった雰囲気です。「派手な柄物」にはしないこの独特のバランス感覚もまた、Lehの魅力だと思います。

好きな面を正面にして履いて頂くことができます。

 



2, サイズ感と着心地

スタイリング画像は、身長160cmのスタッフYが着ています。

スタッフY自身も、19SSにリリースされた同型のスカートを私物買いして、真夏以外の3シーズン着ています。スタイリングもつくりやすく、気持ち良いそうです。
 

 

  

【 Leh (レー) とは】
デザイナー:三上卓也

感性を磨き続けるため、あるいは現地でモノ作りをするため、デザイナーは1年のうち長い日々を海外ですごします。
彼らの洋服は、ときには国産の上質な生地をつかって、国内の優秀な縫製工場で仕立てられ、ときには海外の手紡ぎ手織りのクラフト生地をつかって、海外の職人の手縫いで生み出されます。
それはときにはモードの顔つきで、ときにはヴィンテージの顔つきで、まさにノージャンルかつボーダレス。
一個の労働者・職人として真摯な手仕事に取り組むという一貫した姿勢が、揺らがぬ大黒柱です。